本格的な夏を迎える前に! 〜光老化の仕組みと効果的で快適な紫外線対策について〜

日焼けが美肌・澄肌の大敵であることは皆さんもよくご存じのことと思います。本格的な夏の到来の前に、今回は太陽光による「光老化」とその対策をご紹介いたします。

身体の健康維持に欠かせないビタミンD生成を促すためにも太陽光を適度に浴びる事は必要ですが、UV対策をせずに無防備な状態で太陽光を浴び続けると、肌は「光老化」を起こしてしまいます。
太陽光を浴び続ける事で生じるシミやシワ、たるみなどは肌の「光老化」であり、加齢で生じる肌の老化とは違って、皮膚ガンの原因となる可能性もあります。

紫外線には大きく分けて2種類あります。

ひとつめは「UVA」(紫外線A波)です。地表に到達する紫外線の約90%が「UVA」と言われており、車の窓や家の中まで透過する性質を持っています。
波長が長いために真皮にまで到達し、ハリや弾力の源であるコラーゲンやヒアルロン酸を生成する繊維芽細胞にダメージを与えます。「UVA」を過剰に浴びると肌が弾力を失い、シワやたるみの原因になります。

ふたつめは「UVB」(紫外線B波)です。「UVB」は波長が短いため表皮までしか到達しませんが、細胞の核であるDNAにダメージを与え、炎症を引き起こします。
日焼け後に色素が沈着するサンタンや、シミ、そばかすの原因にもなると言われています。

この「光老化」を予防するために、日傘や帽子などの対策もありますが、肌に負担をかけない質の良い日焼け止めを正しく選択して使用することは効果的な対策になります。
その時に必ず記載されている「SPF」と「PA」、これが何を表しているかは選択の際の必要な情報ですね。

SPF(Sun Protection Factor)とは
日焼けによる色素沈着やシミ・そばかすを作ってしまう「UVB」から肌を守る値です。紫外線に当たってから、肌が赤くなるまでの時間をどの程度遅らせることができるかを測定した数値であり、1~50+までの数値で表示され、数字が大きいほどUVBを防ぐ効果が期待できます。

PA(Protection Grade of UVA)とは
シワやたるみなど光老化を引き起こす「UVA」から肌を守る値です。紫外線が当たってから肌が黒くなるまでの時間をどの程度遅らせることができるかを測定した数値であり、4段階の「+」マークで表示され、「+」マークが多いほどUVAを防ぐ効果が期待できます。

医療機関・エステサロン専用の日焼け止め

「SPF、PAの数値が高いほど肌への負担が大きい」という場合もありますが、当院では「SPF50+・PA++++」の最高数値の日焼け対策を実現しながら、美容成分プラセンタエキス・水溶性プロテオグリカン・パッションフルーツエキスを配合した医療機関・エステサロン専用の日焼け止めをご提案しています。

紫外線をブロックしながら美肌・澄肌・美白を目指す、というコンセプトのもので、しかもスプレータイプなのでベタつきや白浮きのないマイルドな使い心地で、顔だけではなく頭皮や髪の毛・手足・首・デコルテなど全身に使えます。
サラサラしていながら美容成分による保湿力も持っており、外出前にシュッとひと吹きで済む手軽さもあり大変好評で、皆さんリピートして活用してくださっています。
ゴルフなどスポーツで長時間太陽に当たっている際の重ね塗りにも、手軽にこまめな対策ができ最適です!詳細は当院へお問い合わせください。

この夏は、高品質で使いやすい日焼け止めを上手に使いながら、日差しの強い汗ばむ季節を快適に乗り切っていきたいですね!

ご相談の多いお悩み
ニキビ
肌荒れ
シミ
ホクロ
シワ
眼の下のクマ
腋臭症(ワキガ)